2005年03月16日

はじめに

【はじめに】
このブログは、0〜3歳児に読み聞かせたい優れた絵本を紹介し
「絵本の読み聞かせ」により親子のスキンシップが増進することを応援するブログです。

【乳幼児期に絵本が必要な訳】
子供の脳は0〜3歳までが一番成長します。
それには、言葉をかけることが脳の発育に良い影響を与えるそうです。
色々なことををたくさん吸収させたいこの時期、
絵本の読み聞かせをオススメします。

【「読み聞かせ」は脳の発達を促します】
人間の脳は、子どもの時期にほぼ完成するそうですが
その脳が柔軟な3歳までに「良い刺激」を与えることが大切だそうです。
良い刺激とは、話しかけること。
お母さんや身近な人の「読み聞かせ」は、
話しかけと同様、子どもの耳に心地よく入り、脳の発達を促します。

【言葉の発達に必要なのは「お母さんの声」】
ある研究報告によると、お母さんにたくさん語りかけてもらった子どもは、
言葉の発達が良いのだとか。
子どもの言葉を発達させるのは、お母さんや身近な人の「肉声」です。
ポイントは、目の前の出来事とつながった言葉を語りかけてあげること。
絵本を一緒に見ながらお母さんがお話をすることは、子どもにとって素晴らしい「刺激」です。
ぜひ今日から「読み聞かせ」を始めてみては。
お母さんにとっても、お子さんにとっても、きっと楽しい思い出になるはずです。
posted by まじかる at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | コラム・日記などなど
他のブログにも楽しい記事がありますよ〜banner_02.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。